V20 PRO L01-Jに有料版が
プリインストール。

2年間無料で使えます!

あなたのSNSライフを充実させる
動画編集アプリ、
キネマスターの機能とは?

キネマスターとは?

キネマスター(KineMaster) とは、現時点で唯一マルチビデオレイヤー編集機能を搭載したAndroid 向けの動画編集アプリです。

2016 年には1,000 万以上のダウンロードを達成。150 カ国以上で「GooglePlay のおすすめアプリケーション」としてワールドワイドに紹介された実績を持ち、様々なメディアレビューサイトの中でも高く評価されています。

多彩な動画編集機能を備えたキネマスター(KineMaster) はアマチュアのユーザーはもちろんのこと、プロの方でも納得の映像製作が携帯端末で行えるようになっています。

使い勝手の良さやクオリティの高さにおいて、非常に高い魅力を備えた動画編集アプリなのです。

理想の動画編集を
可能にする、
キネマスターの機能

キネマスターの性能の中でも特に秀でているのは、パフォーマンスに優れた動画編集機能です。
操作は簡単で動画製作に慣れていない方でも、すぐにコツをつかんでいただけます。使い方と機能をご紹介していきます。

◆画像の編集

画像を編集する時、まずは画面中央の「+」の記号が入ったアイコンをタップしてください。

すると「プロジェクトアシスタント」「空プロジェクト」のどちらかを選ぶ画面に切り替わります。ここでは「空プロジェクト」を選択しましょう。画面が切り替わったら、今度は「メディアブラウザ」を選んでください。

表示されるフォルダの一覧から、編集したい映像の入っているフォルダを選択。さらにその中から、編集したい映像を選びましょう。

画面の下には映画のフィルムのように、動画のシーンが一定の間隔を置いて表示される画面が現れるので、そこをタップしてください。

これで、動画を編集する準備が整いました。(この操作は、その他の動画編集の作業でも必要になります)

上の大きな画面には動画の映像が映り、下ではその映像に連動する形で、それぞれのシーンのフィルムが流れていきます。画像の編集では、おもにこのフィルムのような箇所を用います。

例えば、動画の途中で新しく画像を入れたい場合には「再生ヘッド」という赤いラインの画像を入れたい所まで移動させ、次に画面右上の赤いハサミのアイコンをタップ。次に「トリム/スプリット」を使って前後をカットしてください。

その後は再びメディアブラウザを選んで、フォルダーの中から挿入したい画像を選択しましょう。挿入したい画像は再生時間を調整して、クロッピングによって一部を拡大させるなど、画面をさらに思い通りの形に近づけることもできます。

◆タイトルの編集

まずは「画像の編集」の項でも紹介したように、フィルムのような画面をタップするところまで進んでください。

タイトルをつける先頭の位置で「レイヤー」を選択。その次に「テキスト」を選んでください。

文字を入力したら、画像の中央にその文字がタイトルとして表示されます。タイトルの文字は位置を自由に動かして、矢印のアイコンを使ってサイズを調整することもできます。

また、画面の下に現れるタイトル文字の入った表示を操作すれば、タイトルの表示される時間も簡単に調整できます。

さらに編集ツールを使えば、テロップの背景の色を選んだり、点滅をさせるなどの動きをつけることもできます。多彩な機能を使って、イメージ通りのタイトルを作成しましょう。

◆音量の調節

動画の編集では、音の調整も大切になってきます。

音量を調節したい場合にも、まずは「画像の編集」の項と同様に、動画が編集できる画面まで進みましょう。

次に、画面の右上にあるチェックマークのついたアイコンをタップしてください。その後は、画面の右にある再生ボタンで映像を確認します。

音量を調節したいと思ったら、画面の下のフィルムのような画像をタッチしてください。

次に、画面右上のスピーカーのアイコンを選びましょう。すると、音を調整できる画面が現れます。

画面中央の「ボリューム」と書かれたメーターを上下に動かすことで、音量を調整することができます。音量は0% から200% まで調節ができるようになっています。


再び画面右上のチェックマークのついたアイコンをタップすれば、音量の調節は完了です。

◆動画のカット

動画の編集をしていると「この箇所はカットしたい」というケースも出てきます。キネマスターなら、動画のカットも簡単です。

編集する準備ができたら、画面の右上にあるチェックマークのアイコンをタップしてください。その後、右下の再生ボタンで画像を確認しましょう。

カットしたい場所があった場合には、再生ヘッドをそのポイントまで移動させて、ハサミのアイコンを選んでください。その後、さらに「再生ヘッドの左側をトリム」を選択すると、再生ヘッドよりも左側の部分、つまりそれよりも前の動画をカットできます。選んだ部分よりも先をカットしたい場合には、同様の操作で「再生ヘッドの右側をトリム」を選択すればOK です。

映像の途中の部分だけカットしたい場合は、まず「再生ヘッドでスプリット」を選んでください。すると再生ヘッドを置いた部分が途切れるので、そこから画面を切りたい部分まで再生ヘッドを移動させましょう。そこで再び「再生ヘッドでスプリット」を選択し、画面の左にあるゴミ箱のアイコンを選ぶと、この操作によって区切られた箇所をカットすることができます。

その後は動画を見直して、イメージに近い形に仕上がっているかどうかを確認しましょう。

◆編集した
つなぎ目の演出

映像のクオリティを高めるために、編集した動画のつなぎ目にフェード(霞がかかったように画面がぼんやりと暗転し、次の画面に映る効果)などの演出を加えたいと思う場合もるでしょう。V20 PRO L-01J にプリインしているキネマスターなら、そんな演出も簡単に実現できます。

その他の編集の方法と同様に、まずは画面中央の「+」の記号が入ったアイコンをタップしましょう。「空プロジェクト」を選択し、次に「メディアブラウザ」を選択してください。

表示されるフォルダから、編集したい映像の入っているフォルダを選び、編集したい映像を呼び出しましょう。映画のフィルムのような画面をタップすると、映像が流れます。

すでに画面を編集した後なら、つないだ動画の間には、つなぎ目であることを示すアイコンが表示されます。

つなぎ目をタップして、再生ヘッドの赤いラインをこのアイコンに合わせると、画面の右上に「トランジョンエフェクト」の選択画面が表示されます。その中から利用したい演出の方法を選択すると、動画の転換点に希望する効果を加えることができます。

例えば、最初に紹介したフェードを加えたい場合には、エフェクトの中から「代表的画面転換」から「フェード(カラー)」を選択し、フェードをかける時にかかるエフェクトの色や秒数を選べば完了です。

最後に映像を見返して、希望通りの演出になっているかどうかを確認しましょう。

◆BGMの追加

映像と一緒に流れるBGM も、動画の印象を高める大切な演出の1つです。

BGM を追加する場合も、まずは他の編集と同じ手順をふみましょう。「『+』の記号が入ったアイコンをタップ」「空プロジェクトの選択」「メディアブラウザを選択」という流れで、BGMを追加したい動画を選んでください。

その後、再生ヘッドをBGM を流したい位置にまで移動し、画面右の「オーディオ」というアイコンをタップしてください。

それから、オーディオブラウザの中から入れたいBGM を選択しましょう。入れたいBGM が決まったら、「+」のアイコンをタップしてBGM を読み込みましょう。

それから動画を再生して、音量を確認してください。変えたい場合には、ボリュームのアイコンをタップすると、音量の調節画面を表示することができます。

◆効果音の追加

キネマスターでは、動画に効果音(SE)を追加することも可能です。

追加の方法はBGM と似ています。まずは効果音を入れたいシーンに再生ヘッドを移動させましょう。オーディオから入れたい効果音を選択し、「+」をタップして音楽を読み込んでください。

音量などの確認や調節も、効果音の時と同様の方法で行えます。

◆動画の書き出し
(保存)の方法

満足できる動画が完成したら、動画を書き出して(保存して)いつでも動画を見れるようにしましょう。

動画を書き出す際には、まず画面の右上にあるアイコンをタップしてください。それからホームに戻り、書き出す映像を選択しましょう。

作成したばかりの動画にはタイトルがついていないので、次にタイトルを選択して動画のタイトルの作成を行ってください。

タイトルをつけたら、画面の下の4 つの丸いアイコンの中から、左から2 番めの書き出しのアイコンを選びましょう。次に「動画をギャラリーに保存する」を選択し、さらに画質とサイズを決めたら、書き出しの処理が行われます。

◆シェアも簡単!
キネマスターで
動画を投稿しましょう

前の章ではキネマスターの動画編集の機能をお伝えしましたが、ステキな動画を簡単に作成することができても、公開するための操作が難しいと、お手軽に活用することはできません。

そういったポイントが気になるという方も、ご安心ください!キネマスターは作成した動画を、短いステップでシェアすることができるのです。

動画を作成したら、端末の「戻る」のボタンで最初の画面に戻りましょう。

その後でシェアボタンをタップして画質を選択すると、すぐにMP4 へと変換されます。これだけで、動画をシェアする準備が整います。

変換が終了したら、あとはシェアする先を選ぶだけです。YouTube やLINE へ投稿するのも、さまざまなクラウドサービスに保存するのも自由自在。自分の作成した動画をたくさんの人と共有して、理想的なクリエイティブライフを実現させましょう。

◆イベントの思い出に!
動画の投稿に!
大事な機会に
役立つキネマスター

充実した編集機能を備え、簡単に動画を投稿することも可能なキネマスターは、さまざまな場面で役に立ちます。

例えば結婚式。人生の華やかな瞬間を彩る四季の中では、オープニングムービーやプロフィールムービー、エンドロールなど、映像があると引き立つ場面がたくさんあります。

新郎新婦の映った動画を編集してステキなムービーを製作すると、主役の2 人はもちろん、式に参加している親族やゲストの方たちの心にも残る時間を演出することができます。

親しい人の誕生日や女子会、恋人とのデートといったイベントでも、キネマスターを活用すると楽しみが広がります!楽しかった思い出を、大切な人と共有することもできますよ。

クオリティの高い編集機能を備えているので、不特定多数の人に見てもらう投稿用の動画の製作にも充分対応することができます。

有料版がプリインストール。
2年間無料で使えます。

動画撮影が劇的に
楽しくなるグッズ

先着10,000名様
にプレゼント!

応募する

top